第5話 =謎の伝道師 H-ONE =

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

Notting Hill Gate 駅 16:00〜18:00

BGM 「Get Up Stand Up」 by Bob Marley

いつも儲からないピッチや、人の少ない時間帯でバスキングをしている奇特な奴がいる。

彼の名は「H-ONE」。

Hは Healing(癒し) のHだそうだ(ONEはよくわからない)。彼の弁によると、彼の歌がロンドン地下鉄の汚れた空気を浄化したり、イライラしている通行人や疲れた駅員の心を癒しているとの事。そして、あえていつも儲からないピッチでバスキングしているのは、それはそれで理由があるらしく、皆が避けるような条件の悪いピッチでやる事に意味があり、つまりはそれが神から彼に与えられた試練なのだそうだ。

今日も彼は口から泡を飛ばしながら僕に熱弁する。

「稼げるとか、大勢の人に聴いてもらうとか、そんな事は俺にはまったく関係ないっ! ただハートで歌うんだっ!ドン、ドン、ドン(彼が胸をたたく音)。金は無いけどハートはリッチだっ! 俺は人々を救う為に今日も歌い続けるぞーっ!」

しかし、どうひいき目にみても彼の歌とギタープレイはしょぼい。

もう少し練習したほうが人々も癒されると思うのだが… 儲かるピッチでやれてないのも、早起きが出来なくて電話予約がうまくいかなかった言い訳のような気がする。

というか、本当に人々を救いたいのなら呑気に歌ってる場合ではないと思うのだが… まあ、出来る範囲から始めているということであろうか…。

稼ぎは関係ないと言いながらも、結構いい値段で自分のCDを売っている「謎の伝道師 H-ONE」

彼は本当に「神の使い」なのかっ!?



[ヒーリング] の商品一覧を見る(商品数:20,030 )

[ヒーリング] の商品一覧を見る(商品数:20,030 )
Copyright(c) 2012 Hideaki Domon All Rights Reserved.