第30話 =今度儲かったら=

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

先日バスキング中、写真学校に通ってるという日本人の女性から声をかけられた。卒業課題だか何だかでバスカーの写真を撮りたいとの事。僕も自分の写真が欲しいのでギブ&テイクという事でOKした。

きょうは、その写真が出来たということで、バスキングが終わってからキングスロードにあるマクドナルドに入って写真を見せてもらっていた。ロンドンでマクドナルドに入ることなど滅多に無いのだが(節約の為)、なにしろ夜8時頃になるとキングスロードといえ、ほとんどの店は閉まってしまっている。外では寒いので二人ともTeaだけ注文し、暖かい店内で写真を眺めた。写真はモノクロで質感も良く、構図もバッチリで素晴らしいものだった。

そんなこんなで30分ほど談笑し店を出た。

階段の下にひとりのホームレスが座っていた。1月のロンドンの夜、外の気温は零下に近い。

ホームレスとバスカーは、小銭を貰って生活している点では一緒、どうしても他人事とは思えない。ましてこの寒さだ、イギリスでは毎年何百人というホームレスが凍死している。

僕の足が止まった。

僕はギターケースから小銭の入った袋を出すと、一掴みの小銭をホームレスに差し出そうとした。その時、ホームレスが口を開いた。

「おい兄ちゃん、あんたバスカーだろ? 気持はありがてえが、バスカーからカネ貰うわけにはいかねえな。兄ちゃん達だってこの寒い中、ギター弾いて歌って、なんとか生活していってんだろ。俺達はただ座って恵んでもらってるだけだ。申し訳なくてバスカーから貰うわけにはいかねえよ。まあ身体に気をつけて頑張ってくれや。いつか兄ちゃんにも良い事があるさ。ゴッド ブレス ユー」

…まさかホームレスから激励されるとは思わなかった。おまけに「ゴッド ブレス ユー」なんて言葉までもらった。

僕は「きょうは、いつもよりだいぶ儲かったんだよ。だからこれで温かいものでも食べてよ」と再びお金を差し出した。

すると彼は少しの間考えていたが「そうかい兄ちゃん、じゃあ、ありがたく頂くよ」と言いお金を受け取ると「今度俺が儲かったら、そこの高級レストランで御馳走してやるからな」と言ってウインクした。



[Homeless] の商品一覧を見る(商品数:5,483 )

[Homeless] の商品一覧を見る(商品数:5,483 )
Copyright(c) 2012 Hideaki Domon All Rights Reserved.